CommonNoun’s diary

予習をする。原典にあたる。

ある古典語を一年半学んだこと

 一年半というか一年三ヶ月ですかね。初級文法の講義に続いてこの夏学期の間サンスクリット中級講読に参加していました。なんかサンスクリットというとラテン語や古典ギリシア語よりも難しいものといった風潮がありますけど、私はこの中級講読よりも古典ギリシア語初級の後半の方が辛かったという印象ですね。

続きを読む

『本好きの下剋上』を読んだ

 第四部と第五部を読みました。第一部から第三部まではそれぞれを読むごとに記事を書いていましたが、第四部は四日前に読み終えたところで先が気になったのでそのまま記事にすることなく第五部に入ったのです。ときに泣きそうになりときに声を出して笑いながら一気に読み、こうしてこの記事を書きました。色々と中途半端なものになりましたが……

 

 読んだのは以下の web 版です

ncode.syosetu.com

ネタバレはできるだけ避けました。

続きを読む

五月祭に遊びに行った

 1 年に 2 度の東大の学祭、そのうち春に本郷キャンパスで開かれる方の五月祭に遊びに行きました。だいたい常に数学科展示ますらぼにいました。

続きを読む

関数の連続点の集合について

 Rudin "Real And Complex Analysis" 第 2 章演習問題 2 や宮島『関数解析』定理 2.28 の証明の前段などで出て来る命題とその一般化を考えてみました。あとインターネットで調べると逆についての言及があったのでその一般化も試みました。正直あまり自信がないので論理の飛躍や反例があれば教えてください

続きを読む

距離空間の完備性について

 距離空間が完備であるかどうかというのは位相不変ではありません。このことは、実数の空間は完備だが、それと同相である開区間は完備ではないことからわかります。また実数の空間の、すべての無理数からなる部分集合は完備ではありませんが、無理数の空間はある完備距離空間と同相です。一方有理数の空間はその位相を与えるどんな距離を入れても完備にはならないことが Baire の範疇定理から系として得られます。これらのことを考えると出てくるのが、位相空間距離空間はいつ完備距離空間と同相になるか、言い換えると同じ位相を与える完備な距離が存在するかという問題です。このような位相空間の性質を完備距離化可能と呼ぶことにしましょう。この記事ではそれについて考えます。短い記事です

続きを読む

新歓合唱祭に行った

 4 月 8 日に開催された恒例行事である、東大のすべての合唱団が歌う新歓合唱祭に行ってきました。すべては聴いていないし聴いたすべての感想を書いてもいません。あと音楽とかよくわからないのでちゃんとレビューされてはいないものと思ってください

続きを読む

不連続線型関数の話

 なんか昨日この話題でブログが書かれていたので触発されて書くものです。今回はあまり定理を証明したりとかしません。

 

続きを読む